就職や転職などについて

就職してから転職をするタイミング

就職や転職などについて
希望の会社に就職することができた方でも、自分の実力がアップすると、徐々にほかの会社に転職したいと考えるかと思います。では、初めての就職から転職までにはどのくらいの期間を置いてからの方が良いのでしょうか。就職をしてから転職をするまでには最低3年の期間が必要だと言われています。これはなぜなのかといいますと、3年未満で転職をする場合には、転職希望者になにか問題があったから転職したいのではないかと疑われてしまう場合があるのです。これはなぜかといいますと、人間は最低3年間は我慢することができると言われています。ですので、どんなに嫌な会社だったとしても3年は我慢できるはずというイメージがあります。その中で3年未満で就職をするというのは、我慢することができない人なのだという印象を与えてしまう原因になるのです。ですので、最低3年はひとつの会社に勤めたあとに、転職を考えるのがおすすめです。

また、転職をする前には、しっかりとスキルなどを身につけるのがおすすめです。転職をするためには、単純に以前いた会社で成果を上げただけではいけません。目に見える成果を上げた上で、さらに新しい会社で働くために必要性のあるスキルを身につけないと、希望する会社にスムーズに転職することができない場合があります。どのような資格でも3年ほどの期間があれば勉強をし、しっかりとスキルの習得を目指すことができるかと思います。もしよかったら参考にしてください。