就職や転職などについて

転職が厳しい世の中の就職活動

就職や転職などについて
転職の就職活動はとても大変である。なぜなら、新社会人に比べ一度会社を退職しているという点で、会社側としては入社してもすぐにやめられてしまうかもしれないというリスクをおかして採用を検討しなくてはいけないからである。その他には、根気がない、我慢できないのではないかと精神面で疑われてしまうのも難点だ。どうして退職したのか明確に採用担当者が納得いくように説明しないと良い答えはもらえないであろう。

しかし、転職者の利点もたくさんある。今まで培ってきた経験である。経験というものは自分自身の分身で、努力すればするほど目には見えなくても自分の身についてくる。一度も経験していないよりも経験している人の方が頼もしかったり頼りにしたくなるものだからだ。なので、転職を考える人はできるだけどんな小さなことでも経験し自分のものにして転職活動を進めてほしい。就職率がなかなか上昇しない昨今であっても、経験者というものはとても有利になるからだ。じぶんの武器になるような、資格を取得しても良いかもしれない。

そんな中でも、経験者が転職できないというのもよく聞く話だ。それはきっと、自分自身をアピールするプロモーション能力が足りないからだと思われる。いくら、魅力的な経験者であっても一人の人としての魅力がなければ、経験がないこれからを期待できる人を選んで採用するだろう。こんな厳しい転職戦争を勝ち抜くには、自分の経験に自信を持ち自分には何ができるか入社したらどんなことで役に立つかを考え、ぜひともアピールしてほしい。